プロミスの借り方

  • サイトマップ

プロミスの借り方をご紹介

プロミスは24時間365日のインターネット受付を行っています。自分の時間に合わせていつでも利用することが可能です。審査は最短でも30分とかなり早いことが他社との違いとして挙げられるでしょう。平日14時までの申し込みであれば、審査次第によって当日中の融資を受けることも可能です。

50万円以下の借入であればWEB契約が圧倒的に便利です。

 

運転免許証

収入証明書類(下記条件あてはまる方)
  • ご希望のお借入額が50万円を超える方
  • ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える方

を用意のうえ、STEP0へ進みましょう。

step0:まずはプロミスサイトのこのページへアクセス             

男性か女性かでアクセスするページをかえましょう

男性の方
↓画像CLICKすると飛びます。

LP_120x148

女性・レディースローンの方

↓画像CLICKすると飛びます。

300x50スマートフォン用

step1: 3秒診断 (所要時間目安: 結果表示まで20秒)


3秒診断

ご融資可能が出たら次へ

生年月日:年収:現在の借入額を記入するだけで、簡易診断を受けられます。

『ご融資可能と思われます。』

と表示されましたら、そのまま

■新規お申し込み→へと進みましょう!

STEP2:お客様情報入力(所要時間目安:15分)

嘘はつかなければOK

できるだけ正確に、偽りなく記載しましょう。初めてのキャッシング手続きであれば心配な面もあると思いますが、プロミスは大手会社として安心してご利用できます。反面、記載内容に虚偽偽りがあった場合は審査に通らなくなってしまうかもしれません。

お客様情報 備考
氏名  
氏名(フリガナ)  
生年月日  
性別  
家族構成  

電話番号(携帯・PHS)

間違えると審査に通りにくくなるので正確に記載してください。
自宅電話の有無 こちらも嘘は記載しないようにしてください。

次に自宅の情報を記載します。

自宅情報  
郵便番号 ここを入力すると住所が表示されます。
自宅住所 番地以降を入力してください。
自宅住所フリガナ 番地以降を入力してください。
お住まいの種類 『※住宅ローンや家賃のご負担がある方もお申込みいただくことができます。』のでここは正直に記載してください。

 

勤務先情報 こちらも多数項目があります。

勤務先情報や年収、雇用形態などは正直に記載してください。雇用形態でアルバイトだと借入できないのでは?という不安な声もありますが20歳以上で安定的な収入があれば借入をすることはできます。管理人も学生時代アルバイトで利用したこともありました。(学費工面のため…)

契約方法の選択をします。

ご契約方法の選択

Web契約を選択してください。

誰にも会わずに契約出来る上、融資までのプロセスが早いWeb契約を選択してください。

STEP3:必要書類提出 (書類用意があれば10分)

 

必要書類を携帯電話のカメラやスキャナで画像化してメールで送信します。

必要書類:

運転免許証 (持っていない場合は健康保険証またはパスポート)

※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせて送付する必要があります。

収入証明書類
  • ご希望のお借入額が50万円を超える方
  • ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える方
上記条件に該当する方は、次の書類の中から1点を送付する必要があります。
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

    ※賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご送付ください。

※上記に該当しない人は収入証明書類のご提出は不要です。

STEP4:さぁ審査です。(所要時間目安:最短30分 時間や曜日により異なる)

最短30分程度。(平日9時~18時までのお申込みの場合)

※審査状況によっては連絡までに時間がかかります。

STEP5:審査結果の連絡(電話にて)

審査結果の電話に出れることが大事です!

審査結果の連絡がきます。 その後契約内容をインターネット上で確認します。 お振込みをご希望の人について、平日14時までに契約内容をご確認いただいた場合、当日中の振込みが可能です。 注意) 指定の連絡先に審査結果の連絡がきますので、 電話は出られるようにしてください。また、着信があった際は折り返しましょう。

プロミスの借り方についてお役に立てましたか?

          468*60

プロミスでお金を借りる小話

生活していれば急にお金が必要になることもお財布がピンチになることもあるかと思います。冠婚葬祭、引越し、解雇など何が起こるか分からないですよね。急にお金が必要になった時に非常に便利なのがキャッシングです。ただし、解雇などされた後では審査に通らないこともありますし、お金が必要になってから申し込みをしていては間に合わないということもありますので、いざというときのためにキャッシングの申込みを事前にして、賢い借り方を身につけておくのが良いのではないでしょうか。

しかし、今は日本でも様々なキャッシング会社が存在しますので、どこを利用すれば良いのか、どこなら安心して利用することが出来るのか悩む方も多いと思います。そんな中でもおすすめなのが「プロミス」です。

プロミスは大手で信頼出来るキャッシング会社であることから非常に人気が高いです。安心感、知名度、金利など様々な理由からプロミスを選ぶ方が多いのだと思うのですが、プロミスでお金を借りるキャッシング方法にはどのような方法があるのでしょうか?プロミスでのお金の借り方について見ていくことにしましょう。

まず、プロミスのお金の借り方を知るためにプロミスでお金を借りる際の条件を知りましょう。お金を借りることが出来るのは20歳~69歳までの方と決まっています。また、申し込む方に安定した収入があるということも条件の1つです。安定した収入があるのであればアルバイトやパート、派遣社員や主婦の方であっても利用することが可能です。プロミスでお金を借りるためには運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要になります。借入額によっては収入証明書が必要になることもあります。

※収入証明書類の提出は「希望借入額が50万円以上」もしくは、「希望借入額と他社での既存借入額が合計で100万円以上」の場合です。

では、プロミスでの実際の借り方をみていきましょう。プロミスで申し込む方法は色々とあるのですが、パソコン、スマートフォン、携帯からであれば24時間365日いつでも申し込みをすることが出来ます。プロミスの公式サイトへいけば「新規申し込み」とありますので、そこから申し込みをすることが出来ます。キャッシングが出来るかどうか不安な方はちょっとした項目を入力するだけでキャッシング出来るかどうか分かる「お借入診断」を利用しても良いでしょう。

プロミスでは申し込みをした後の契約方法もWEB契約、来店契約、郵送契約の3つから選ぶことが出来ます。来店契約は店頭まで行かなければならないという手間がかかるというデメリットはありますが、不安なことは相談することが出来ますので安心です。気になることがあれば質問しましょう。郵送契約は誰にも合わずに済むというメリットがありますが、書類などの郵送が必要なために時間がかかるというデメリットもあります。

スポードや利便性を考えるのであればオンターネットで行うことが出来るWEB契約が1番おすすめです。WEB契約であれば誰にも合わずにいつでも好きな時に契約をすることが出来ますし、誰にも合わずに契約をすることが出来ます。インターネット上で全てを完結させることが出来ますので非常に便利ですよ。

プロミスでは土日祝日の審査、融資も平日同様に行われますので、申し込み~審査を経て無事に契約が完了すればスピーディーな融資も可能です。このようにプロミスには様々な契約方法があり、お金の借り方もとても簡単です。自分に合うお金の借り方を選んでうまく活用するようにしましょう。

ただし、お金を借りる際はコントロールをすることが必要になります。お金の借り方には様々な理由や方法があります。しかし、キャッシングはあくまでお金を借りることでもらうわけではありません。思いのほか簡単にお金を手に入れることが出来るので、もらった気になってしまう方もいるのですが、プロミスはお金を貸してくれる会社です。借りたものは返すというのが当然です。お金の借り方を気になる方はとても多いのですが、返済についてはあまり考えていないという方も少なくありません。しかし、借金のストレスというのは思いのほか大きいです。

プロミスでのお金の借り方を知った後はプロミスでの返済の仕方もしっかりと知っておくようにしてください。お金をキャッシングしている状態というのは短い方が当然良いので、借りることだけでなくどこまでをどれぐらいで返済出来るのかということもしっかり考えておくようにしましょう。借り方から返済までをしっかり考えてから借入れをするのがキャッシングを利用する際の基本でもあると言えます。

大手ならではの安心感

468*60

プロミスに限らずたくさんの消費者金融業者があります。自分にあった業者にで荒れれば一番です。当サイトで少しでもお役にたてましたら幸いです。もしかしたらプロミスで審査に落ちてしまったりする方もいるかもしれません。

当サイトの右上にはおすすめの業者をピックアップしておりますので、そちらを見てみてください。

このページの先頭へ